八乃木のみそチャーシュー
6000杯食べたマニアがオススメ!北海道札幌市の激ウマ味噌ラーメン24選
公開日:2021.11.04
更新日:2021.11.04

6000杯以上のラーメンを食べてきたマニアが、北海道札幌市のオススメ味噌ラーメンを厳選してエリアごとにご紹介。札幌市と言えば、味噌ラーメンを思い浮かべる人も多いはず。今回は、そんな札幌市に数ある味噌ラーメンの中で、王道から個性派まで幅広くピックアップ。札幌市で味噌ラーメン食べるなら、VACANラーメン特集を見れば間違いない。(お店の前の番号は、オススメ順の意味ではありません)

1. 行者ニンニクで元気が出る味噌「ラーメン札幌一粒庵」 札幌駅
ラーメン札幌一粒庵は、札幌駅と大通駅から地下直結で行ける便利な場所にある、大人気ラーメン店。札幌駅近くの場所柄、一粒庵には周辺のビジネスマン以外に観光客も多く、コロナ以前はインバウンドのお客さんもよく見かけた。
一粒庵の名物は、天然の行者ニンニクを贅沢に用いた味噌ラーメンで、王道の札幌味噌ラーメンとは異なる一粒庵だけの味。幻の山菜とも呼ばれ、栄養たっぷりな天然の行者ニンニクを匂いの出ない製法で調理しているおかげか、割とマイルドで優しい味。匂いを気にせずしっかり栄養補給できるのが、一粒庵のラーメンのいいいところで、オススメのDXにすれば食べ応えもたっぷりで大満足間違いなし。
ラーメン札幌一粒庵
〒060-0004 北海道札幌市中央区北四条西1-1 ホクレンビル B1F
店舗情報を見る

2. 王道の札幌味噌を中心部で手軽に「千寿」大通駅
札幌市中心部で、手軽に札幌味噌ラーメンを食べたければ、ここ千寿が間違いなくイチオシ。大通周辺のサラリーマンにも千寿は人気のようで、昼時は多少混むこともあるため、可能なら昼のピークを外して行くのがベター。
千寿の味噌ラーメンは、スパイスの効いた濃厚スープにラードがたっぷり入り、合わせる麺は黄色い中太縮れ麺。これこそが、札幌味噌ラーメンの王道であり、尚且つ千寿のそれは抜群に美味しい。札幌出張や観光の際にも気軽に立ち寄りやすい場所なので、もし時間があまりない場合にどこか札幌で1軒だけでも札幌味噌ラーメンが食べたければ、千寿へ行けば間違いない。
千寿
〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西8-2-39 北大通ビル B1F
店舗情報を見る

3. 味噌ラーメンの始まり「味の三平」大通駅
今や全国区の知名度を誇る札幌味噌ラーメンだが、何を隠そうその元祖と言われているのが、大通にある味の三平。もしも味の三平がなければ、札幌味噌ラーメンがこんなに広まっていない、あるいはそもそも存在していなかったかも。
戦後の日本が貧しい頃、どうやったら1杯のラーメンでお腹が膨れて栄養も摂取できるか考えた結果、誕生したのが味の三平の味噌ラーメン。発酵食品で体にいい味噌に加え、炒めた野菜もたっぷり入っており、確かに味の三平の味噌ラーメンは、栄養豊富でお腹も膨れそう。大丸藤井セントラルの4Fという、非常に便利な立地のため、味の三平には買い物のついでなど気軽に立ち寄りやすいのも魅力。
味の三平
〒060-0061 札幌市中央区南1条西3丁目2 大丸藤井セントラル4F
店舗情報を見る

4. 石狩から来た大人気店「らーめん信玄 南6条店」東本願寺前
ラーメン店の多いすすきのでもトップクラスの人気を誇るラーメン店の1つが、らーめん信玄 南6条店。元々、らーめん信玄の本店は石狩にあって、札幌味噌ラーメンとは違うが、ここのラーメンも激ウマなので紹介したい。
ラーメンは6種類ある中、メニュー表の1番上に来ているのが、越後と銘打った辛味噌ラーメン。決して激辛ではなく、ピリ辛程度で食べやすく、これなら辛いものは余程苦手でなければ大丈夫。油も割と少なめでマイルド、非常に食べやすく美味しい。トッピングが寂しく感じるかもしれないものの、これは丼が非常に大きいだけなのでご安心を。サイドメニューのチャーハンや餃子も見逃せない。
らーめん信玄 南6条店
〒064-0806 北海道札幌市中央区南六条西8
店舗情報を見る

5. 有名人にも大人気「喜来登」資生館小学校前
すすきのの喜来登は、有名人も多く訪れる札幌でも人気あるラーメン店の1つ。喜来登の店内には、その有名人たちのサインが所狭しと飾られ、もし何も知らずに喜来登に入った人がいれば少し驚くかも。
メニューは非常にシンプルで、喜来登にあるのは、醤油・塩・味噌の各ラーメンに大盛り、あとはライスだけ。まずは、喜来登自慢の味噌ラーメンを是非。なみなみ注がれたスープに、山盛りのネギはインパクト十分。しかしながら、喜来登の味噌ラーメンを実際に食べてみると、非常にあっさりした味で、濃いのが苦手な人にはちょうど良さそう。下の方が濃いめで、どこから食べるかで印象変わって面白い。
喜来登
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西6丁目3-2 岡田ビル
店舗情報を見る

6. 札幌 Fuji屋のセカンドブランド「ふじ屋 NOODLE」すすきの
すすきののラーメン横丁で高い人気を誇るのが、ふじ屋 NOODLE。以前は同じすすきのにあり、現在では東区に移転した札幌 Fuji屋の系列店で、Fuji屋でも味噌ラーメン推しだが、ふじ屋 NOODLEではまた異なる味噌ラーメンで勝負。
まろやかで甘みを感じる、ふじ屋 NOODLEのスープは、ラードやスパイスが入る王道の札幌味噌ラーメンとは全くの別物で、非常に美味しく食べやすい。あまりこってり過ぎる味噌ラーメンが苦手な人には、ふじ屋 NOODLEの味噌ラーメンを是非食べてもらいたい。トッピングの焼豚も秀逸な出来栄えで、追加する価値大あり。更にガッツリ食べたい人は、サイドメニューのカレーや餃子をどうぞ。
ふじ屋 NOODLE
〒064-0804 北海道札幌市中央区南4西3 第3グリーンビル1F 新ラーメン横丁
店舗情報を見る

7. すすきので大人気の濃厚味噌「麺屋 雪風 すすきの店」すすきの
すすきの周辺でも、特に濃厚な味噌ラーメンが評判を呼んでいる大人気ラーメン店が、麺屋 雪風 すすきの店。他にも札幌市内で、清田区や手稲区にも麺屋 雪風の店舗はあるが、本店はすすきのにあるここ。
王道の札幌味噌ラーメンは、ラードがたっぷりでスパイスも効いているのに対し、麺屋 雪風ではそれらは控えめ。しかしながら、ベースとなるスープがどろりと濃厚で、これは麺屋 雪風ならではのいい個性。濃厚ながらしつこくなく、個人的にもかなり好みの味噌ラーメンで、麺屋 雪風が人気なのも納得。ちなみに、以前の麺屋 雪風は混雑していたが、コロナ禍の現在ではそうでもなくて狙い目。
麺屋 雪風 すすきの店
〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西4丁目2-6 LC拾壱番館1F
店舗情報を見る

8. すすきの駅近くで便利「札幌らーめん輝風 すすきの店」すすきの
すすきの駅近くでサッとラーメン食べるなら、札幌らーめん輝風 すすきの店は是非その候補に入れたい。輝風の本店もここから割と近くにあるが、すすきの店の方が駅から近いのと席数も多くて入りやすい印象。
いくつかメニューがある中、輝風 すすきの店の1番人気は「元祖味噌」だそう。スープはドロドロ濃厚ではなく、サラッとした清湯ベースで、油やや多めでパンチある味わい。麺は、札幌味噌ラーメン定番の中太縮れ麺で、定番だけに麺とスープの相性は抜群。途中から、おろし生姜を溶かしていくことで、くどさを感じずに食べ進められるはず。醤油ラーメンも気になるので、次はそれを食べたい。
札幌らーめん輝風 すすきの店
〒064-0806 北海道札幌市中央区南5条西3-1 大松ビル 1F
店舗情報を見る

9. メニュー豊富な人気店「麺屋 すずらん」すすきの
淡麗系から味噌、更につけ麺など、多彩なメニューを揃えるすすきのの人気ラーメン店が、麺屋 すずらん。今回は、札幌市の味噌ラーメンまとめなので、麺屋 すずらんの味噌ラーメンをご紹介。
スタイルとしては、王道の札幌味噌ラーメンだが、麺屋 すずらんではその中でもスープがややあっさりした印象で、非常に食べやすく、そして美味しい。チャーシューの上には、たっぷりのおろし生姜がかかっており、スープに溶かしていくとよりさっぱりに。すすきので飲んだ後の〆にも、サラッと食べられそうな味噌ラーメンで、コロナが落ち着いたら是非そうしたい。
麺屋 すずらん
〒064-0805 北海道札幌市中央区南5西4
店舗情報を見る

10. 海外にも進出する空の総本山「ラーメン 空 本店」すすきの
札幌市内に留まらず、海外にも進出するラーメン 空グループの総本山が、すすきのにあり。個人的には、フィリピンのセブ島に数年前行った際、現地のショッピングモールで空の味噌ラーメンを食べたのが感慨深い。
スパイスの効いたスープにはラードが浮かび、空の味噌ラーメンはまさしく札幌味噌ラーメンの王道スタイル。その中で、空は割とあっさりした方で、あまり濃厚過ぎる味噌ラーメンが苦手な人に是非オススメしたい。多くの人が行き交う、狸小路近くに空の本店はあり、アクセスも非常に便利。
ラーメン 空 本店
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5-20-2
店舗情報を見る

11. 観光客に大人気「けやき すすきの本店」すすきの
けやき すすきの本店は、すすきのに数あるラーメン店の中でも、特に観光客に高い人気を誇っている印象。夜から明け方にかけて営業するラーメン店が多いすすきのに置いて、けやき すすきの本店は昼早めからやっているのがありがたい。
けやき すすきの本店では、ラーメンは渾身の味噌一本勝負。コクのあるスープに熟成感のある中太縮れ麺は、かなり久々に食べたが以前より更に美味しくなったような。野菜がたっぷり入るのも、けやき すすきの本店の特徴で、見た目に美しいと同時に野菜の栄養をしっかり摂取できるのが嬉しい。創業からそれなりに経つものの、今でも人気なのも納得で、ピークタイムは混むのでずらしての訪問がベター。
けやき すすきの本店
〒064-0806 北海道札幌市中央区南六条西3 睦ビル 1F
店舗情報を見る

12. 中島公園そばの味噌専門店「狼スープ」中島公園
すすきのからもう少し南に行った所、中島公園近くにある大人気ラーメン店が、ここ狼スープ。既に創業からおよそ20年と狼スープの歴史は案外長く、札幌市内でも安定した人気を誇る、個人的にも大好きなラーメン店の1つ。
そんな狼スープでは、ラーメンは味噌一本勝負。札幌と言えば味噌ラーメンだが、醤油や塩もあるのが一般的で、狼スープや上のけやきのように、味噌ラーメン専門は案外珍しい。北海道産を中心に厳選食材を用いたスープが濃厚、特に濃いめの味噌ラーメンを求める人にはたまらないはず。トッピングの生ニンニクが非常によく合うので、是非お試しを。
狼スープ
〒064-0811 北海道札幌市中央区南十一条西1-5-1
店舗情報を見る

13. すすきのからマルヤマクラスに移転「札幌ラーメン 直伝屋」円山公園
札幌ラーメン 直伝屋は、円山公園駅直結のマルヤマクラス3Fにある人気ラーメン店。以前の直伝屋は、すすきのの方にあったものの、いつの間にか同じ中央区内で移転していた。
その屋号にあるように、直伝屋の看板メニューは札幌味噌ラーメン。中華鍋で具材などを炒めて作る王道の札幌味噌ラーメンに、直伝屋では焦がしのエッセンスをプラス。この焦がし具合が絶妙で、苦くならず絶妙な引きのある美味しさを演出。多くの人が集まるマルヤマクラスの場所柄、直伝屋にはテーブル席も複数あり、子供用の食器なども用意されているので、家族連れでも安心してラーメンを楽しめる。
札幌ラーメン 直伝屋
〒064-0801 北海道中央区南1条西27-1-1 マルヤマクラス3F
店舗情報を見る

14. フレンチシェフが作る独自の味噌「蟬吟」西11丁目・中央区役所前
蟬吟は、札幌市中心部の大通からやや西に行った方にある、元フレンチシェフが営むラーメン店。店舗は地下にあってわかりにくく、正直あまり目立たないため、蟬吟に行く際はうっかりスルーしてしまわないようご注意を。
フレンチシェフが営むだけあって、蟬吟の味噌ラーメンは極めて独創的。タマネギとオリーブオイルでスープを乳化させており、これは従来の札幌味噌ラーメンとは全く異なる、蟬吟独自のもの。賛否両輪あるかもしれないが、没個性化が進むラーメン業界において、蟬吟のような独自路線を貫くお店は大好き。フレンチのおつまみなども蟬吟には揃い、ワインと一緒にゆっくり楽しむのもいいかも。
蟬吟
〒003-0025 北海道札幌市中央区南1条西9-1-2 第2北海ビル B1F
店舗情報を見る
15. 和出汁とレバーのコラボに驚き「雨は、やさしく」白石
全国でも他に似たラーメンが思いつかない、超個性派の大人気ラーメン店が、白石区の「雨は、やさしく」。正直、観光客が行くには不便な場所だが、それでも車などを借りて行ってしまうぐらい、「雨は、やさしく」が大好き。
「雨は、やさしく」のラーメンは、和出汁にレバーペーストを溶かしながら食べる独創的なもの。味噌や塩など味は色々選べるが、オススメは味噌だそう。王道の札幌味噌ラーメンとは全く異なる味で、最初は和出汁でスッキリ、レバーペーストを溶かすことで動物系の要素が加わって、コクのある味わいに。食べていて非常に美味しく楽しいラーメンで、次回札幌に行ったら、また必ず立ち寄りたい。
雨は、やさしく
〒003-0824 北海道札幌市白石区菊水元町4条2丁目1-7 古川ビル1F
店舗情報を見る

16. オリジナルの薬膳味噌「ラーメン・餃子 ハナウタ」南郷7丁目
札幌に数ある味噌ラーメンの中でも、薬膳味噌ラーメンを謳う人気店が、南郷7丁目のラーメン・餃子 ハナウタ。特に周辺には何もなく、観光客が来る場所ではないが、ハナウタは周辺州民の心をガッチリ掴んでいるようで、行列ができていることも。
初めてハナウタに来たなら、薬膳味噌ラーメンの中辛がオススメだそうで、独特なスパイスの香りは確かに薬膳っぽい。中辛なのでそこまで辛いわけではないものの、食べ進めると汗がどんどん出てくるのも薬膳ラーメンっぽく、美味しく健康的なラーメンで素晴らしい。屋号にあるように、餃子もハナウタの名物で、ラーメンのお供に是非。ハナウタのすぐ隣に、テイクアウト専門の系列店もあり。
ラーメン・餃子 ハナウタ
〒003-0021 北海道札幌市白石区栄通10-1-1
店舗情報を見る
17. 日本屈指の知名度を誇る札幌味噌の名店「すみれ 中の島本店」中の島
札幌味噌ラーメンの金字塔として名高い超有名ラーメン店が、すみれ 中の島本店。すみれはかつて、札幌以外に関西や九州にも出店し、現在でも横浜に展開、更にすみれから独立した人気ラーメン店も複数あるなど、その知名度は全国レベル。
スパイスの効いたスープにはラードがたっぷり浮かび、これこそ札幌味噌ラーメンの王道でめっちゃ旨い。これだけ濃厚だと、好みが分かれるかもしれないが、個人的に味噌ラーメンは濃い方が好きなので最高。サイドメニューのチャーハンもオススメで、割と量が多いため、複数人で訪れた際にシェアして食べるのがオススメ。ピーク時は混む印象があり、すみれへ行くなら少し時間を外した方がベター。
すみれ 中の島本店
〒062-0922 北海道札幌市豊平区中の島2条4-7-28
店舗情報を見る

18. 北海道随一の大行列店「麺屋 彩未」美園
札幌市もとい、恐らく北海道で1番の知名度を誇る超人気ラーメン店が、美園にある麺屋 彩未。上で紹介した、すみれ出身のお店の1つで、特に休日ともなれば開店前から麺屋 彩未の駐車場が埋まり、店頭には長蛇の行列ができることも。
麺屋 彩未の味噌ラーメンは、王道の札幌味噌ラーメンのスタイルを受け継ぎつつ、油は少なめで割とあっさり。この味噌ラーメンなら、世代を問わず受け入れられそうで、麺屋 彩未が大人気なのも納得。そして、実は個人的に麺屋 彩未で味噌ラーメン以外にもオススメがあり、それが辛醤油ラーメン。もし機会があれば、麺屋 彩未の辛醤油ラーメンを是非食べてみてほしい。
麺屋 彩未
〒062-0010 北海道札幌市豊平区美園10条5-3-12
店舗情報を見る

19. オリジナルの札幌つけ麺を提唱「札幌つけ麺 風來堂」学園前
札幌味噌ラーメンならぬ札幌味噌つけ麺を謳う学園前の人気ラーメン店が、札幌つけ麺 風來堂。学園前駅と豊平公園駅の両方から徒歩圏内ながら、駐車場も完備なので、風來堂へは徒歩でも車でも行きやすくて便利。
中華鍋で具材などを炒める札幌味噌ラーメンの伝統を踏襲しつつ、和風出汁に浸した麺や濃厚ながらしつこくないスープなど、独自のエッセンスを盛り込んだのが、風來堂の札幌つけ麺で、率直に言ってかなり旨い。麺はいきなりスープにつけるのではなく、まずそのまま食べると和風出汁と麺の良さをシンプルに堪能できるので、それも是非試してみてほしい。スープ割の際に、温め直してくれる配慮も嬉しい。
札幌つけ麺 風來堂
〒062-0908 北海道札幌市豊平区豊平八条9-3-20 三信ビル1F
店舗情報を見る

20. 世界で1番好きな味噌ラーメン「さっぽろ純連 札幌店」澄川
個人的に、この世界で1番好きな味噌ラーメンの名店が、澄川にある、さっぽろ純連 札幌店。昔は純連も東京にあり、その頃はよく通っていたが、現在では東京から撤退してしまったので、札幌に来た際には必ず純連に立ち寄るぐらいには好き。
スパイスの効いた濃厚スープはラードもたっぷりで、くどいと思う人もいるかもしれないものの、やっぱり札幌味噌ラーメンはこれぐらい濃いのが最高。札幌に来たら、純連はラーメンなどのジャンル問わず絶対に行くべき飲食店だと、自信を持ってオススメしたい。サイドメニューのチャーハンもオススメで、割と量が多いため、複数人で訪れた際にシェアして食べるのがいいかも。大食いの猛者は1人で是非。
さっぽろ純連 札幌店
〒062-0932 北海道札幌市豊平区平岸二条17丁目1-41 シャトー純連1F
店舗情報を見る

21. 魚介豚骨の名店は味噌も旨い「MEN-EIJI HIRAGISHI BASE」南平岸
札幌市における魚介豚骨ラーメンのパイオニアとしてその名を馳せる有名ラーメン店が、南平岸にあるMEN-EIJI HIRAGISHI BASE。濃密な魚介豚骨スープに北海道産小麦を使った自家製麺の出来栄えは、他の追随を許さない。
その魚介豚骨ラーメンが、MEN-EIJIでは注目されがちだが、実は味噌ラーメンもめっちゃ旨い。伝統的な札幌味噌ラーメンの作り方を踏襲しつつ、やや油少なめな仕上がりで、ベースとなるスープや自慢の自家製麺の旨さを堪能しやすい仕上がりのような。もし、MEN-EIJIのラーメンが好きだけど味噌ラーメンを食べたことがなければ、是非とも食べてもらいたい。
MEN-EIJI HIRAGISHI BASE
〒062-0932 北海道札幌市豊平区平岸2条11丁目1-12
店舗情報を見る
22. 独自の味噌ラーメンは絶品「札幌 Fuji屋」東区役所前
札幌市東区でもトップクラスの人気を誇るラーメン店が、札幌 Fuji屋。既に紹介した、ふじ屋 NOODLEの系列店で、以前は両方ともすすきのにあったものの、札幌 Fuji屋だけ東区に移転して現在の形に。
元々、札幌 Fuji屋ではつけ麺推しで自分もそれが大好きだったが、現在の札幌 Fuji屋のイチオシは味噌ラーメンだそう。魚介豚骨背脂と銘打った、札幌 Fuji屋の味噌ラーメンは、札幌市内でも唯一無二と言っていい個性派かつ絶品。見た目は割とこってりに思えつつ、実際は非常に食べやすく、札幌 Fuji屋の味噌ラーメンは世代を問わず親しまれそうな良さもある。追加トッピングの焼豚も、個人的にイチオシ。
札幌 Fuji屋
〒065-0014 北海道札幌市東区北14条東7-1-22
店舗情報を見る
23. すみれから独立した西区No.1の人気店「八乃木」発寒
札幌市西区発寒にある八乃木は、既に紹介したすみれから暖簾分けの形で独立を認められた、全国でも数少ないラーメン店の1つ。その話題性も相まってか、八乃木も開業と同時に人気ラーメン店の仲間入りし、西区では間違いなく1番人気。
すみれから暖簾分けなので、八乃木の味噌ラーメンは、当然その王道札幌味噌ラーメンを踏襲したもの。ややあっさりしてるかなーという印象で、非常に美味しく食べやすいのが八乃木の味噌ラーメン。個人的には、シャキシャキと食感良く炒められた、もやしがツボ。八乃木の店主が、修行時代に好きだったラーメンをモチーフにした、限定20食の中華そばも必食。
八乃木
〒063-0827 北海道札幌市西区発寒7条14丁目1-33
店舗情報を見る
24. 白樺山荘の本拠地「白樺山荘 真駒内本店」真駒内
札幌市内以外に、新千歳空港や横浜にも出店する白樺山荘グループの総本山が、真駒内にある白樺山荘 真駒内本店。周辺を緑に囲まれたのどかな場所で、白樺山荘 真駒内本店のログハウス風の外観も、そんな雰囲気に合っている。
白樺山荘 真駒内本店の名物は、札幌の人気店らしく味噌ラーメン。久しぶりに食べたら、以前よりもスープの濃度が増した印象で、札幌味噌ラーメン定番の中太縮れ麺との相性もバッチリ。トッピングのチャーシューも旨いので、白樺山荘 真駒内本店ではチャーシュー麺にするのもいいかも。茹で卵1つ無料のユニークなサービスも白樺山荘 真駒内本店にはあり、ラーメンの前に食べても一緒に食べても良し。
白樺山荘 真駒内本店
〒005-0022 北海道札幌市南区真駒内柏丘3-1-40
店舗情報を見る
最新のラーメン特集記事



Back