6000杯食べたマニアがオススメ!京都市の激ウマラーメン30選
公開日:2021.08.17
更新日:2021.10.05

今まで6000杯以上のラーメンを食べた筆者が、京都市内のラーメンをエリアごとに厳選してご紹介。京都にラーメンのイメージがない人も多いかもしれないが、実は京都は昔からラーメン店の多いエリアでもある。しかも、京都と聞いてイメージされがちな和食のような、あっさりラーメンではなく、なぜかこってり系ラーメンが多数派を占めている。老舗から最新まで、数ある京都市のラーメン店から選んだので、きっと京都市で食べたいラーメンが見つかるはず。(お店の前の番号は、オススメ順の意味ではありません)

1. 京都随一の老舗にして名店「本家 第一旭 たかばし本店」 京都駅
京都駅近くの本家 第一旭 たかばし本店は、隣の新福菜館 本店と並び、京都屈指の老舗にして超人気ラーメン店。その場所柄、第一旭は京都の地元民だけじゃなくて観光客も多く、長蛇の行列ができているのも珍しくない。
醤油と豚を使ったスープに、たっぷりの九条ネギや柔らかいチャーシューまで、どれも最高に旨い。サイドメニューの餃子もイチオシ。第一旭は、早朝から深夜まで通しで営業しており、行列を避けたければ、ピークタイムをずらしての訪問がベター。
店舗情報を見る

2. 京都屈指の老舗の1つ「新福菜館 本店」 京都駅
新福菜館 本店は、京都駅から歩いてすぐの場所にある、京都屈指の老舗ラーメン店の1つ。すぐ隣の第一旭と同じく、京都ラーメンの歴史を語るうえで、新福菜館 本店は絶対に外せない。
醤油の色濃い真っ黒なスープが新福菜館 本店の特徴で、実際に食べてみるとその見た目に反して非常に食べやすいことに驚くはず。ラーメンと同様に、黒い焼き飯も新福菜館 本店の名物で、是非一緒に食べてみてほしい。第一旭と比べれば、混雑も激しくなくて入りやすい。
店舗情報を見る

3. 唯一無二の味噌つけ麺「吟醸らーめん 久保田」 五条・京都駅
京都駅のお隣・五条にある超人気ラーメン店が、吟醸らーめん 久保田。京都駅から歩いて行くことも可能で、その場所柄か、吟醸らーめん 久保田へは京都の地元民だけじゃなく、観光客も多く訪れる印象。
吟醸らーめん 久保田の名物は、全国的にも珍しい味噌つけ麺。魚粉やラー油なども入ったパンチのある味噌つけ麺は、吟醸らーめん 久保田でしか味わえない。定期的に繰り出される限定ラーメンも吟醸らーめん 久保田の名物で、詳細はTwitterを要チェック。
店舗情報を見る
4. 珍しい塩ラーメン専門店「新宿めんや 風花」 四条・烏丸
新宿めんや 風花は、京都市の中心地、四条・烏丸近くにある、塩ラーメン専門の実力店。京都市内はもとより、全国的に見ても、新宿めんや 風花のような塩ラーメン専門は極めて珍しい。
塩ラーメンにこだわるだけあって、海産物の風味豊かなスープに自家製麺など、どれも唸る美味しさ。塩ラーメンだけでメニューが多いのも、新宿めんや 風花の特徴の1つで、色々食べ比べするのも楽しい。ただし臨時休業が多いので、事前にTwitterなどを要チェック。
店舗情報を見る

5. 独創的なフレンチラーメン「麺ビストロ Nakano」 四条・烏丸
四条烏丸の麺ビストロ Nakanoは、元フレンチシェフが創り出す、創作ラーメンが名物の人気店。外観も内装もラーメン店のそれとは思えず、何も知らなければ、麺ビストロ Nakanoは普通にフレンチレストランと思ってしまいそう。
メニューは多くある中で、麺ビストロ Nakanoの個人的なオススメは、「白しょうゆ麺」。フォン・ド・ボライユ(鶏のフォン)がベースで、同じ鶏でも一般的なラーメンとは異なり、西洋風の味わい。違和感を覚える人もいるかもしれないが、個人的には全然あり。多彩な一品料理やデザートなども、麺ビストロ Nakanoの名物。
店舗情報を見る

6. 麺や高倉二条の別ブランド「和醸良麺 すがり」 四条・烏丸
四条烏丸近くの和醸良麺 すがりは、同じ京都市内の人気ラーメン店、麺や高倉二条の系列店。系統としては似ており、もつ・チャーシュー・和牛の3種類から選べるつけ麺が、和醸良麺 すがりの名物。
濃度がありながら上品な和醸良麺 すがりのスープは、非常に食べやすい印象で、人気がああるのもわかる。つけ麺の場合は、通常は麺1.5玉のところ、2玉も同料金で選択可能なのが嬉しい。とてもラーメン店とは思えない、趣のある空間も和醸良麺 すがりの魅力の1つ。
店舗情報を見る
7. 京都屈指の濃厚鶏白湯「麺屋さん田」 西院(阪急)
元々、濃厚系ラーメンが多い京都でも、トップクラスの濃度を誇る大人気ラーメン店が、西院の麺屋さん田。鶏と水だけで作り出す超濃厚鶏白湯スープは、京都市内でも唯一無二と言っていい、麺屋さん田だけのもの。
その自慢のスープと自家製麺の旨さを存分に堪能してもらうためか、麺屋さん田看板メニューのつけ麺には、薬味としてつきもののネギすら入れない潔さ。渾身の一杯を、心ゆくまで堪能してほしい。時折繰り出される限定ラーメンも、麺屋さん田の名物で、詳細はTwitterを要チェック。
店舗情報を見る

8. 誰でも安心して食べられるラーメン「らーめん 鶴武者」 西院(阪急)
子供からお年寄りまで、誰にでもオススメできる西院の人気ラーメン店が、らーめん 鶴武者。化学調味料に頼らず、厳選した素材を使って作るラーメンは、鶏白湯スープも自家製麺も素晴らしく美味しい。特にスープは、濃過ぎず薄過ぎず絶妙な塩梅。
鶴武者では、トッピングのチャーシューにも定評があり、個人的には是非チャーシュー麺をオススメしたい。味の良さは勿論、色鮮やかなチャーシューがたっぷりと盛り付けられて見た目にも美しい。非常に丁寧な接客も好印象で、キャッシュレス支払いが可能なのも京都のラーメン店では画期的。
店舗情報を見る

9. コスパ最強のチャーシュー増し「麺処 鶏谷」 山ノ内・西院(阪急)
西院の麺処 鶏谷は、京都市内でも個人的に大好きなラーメン店の1つ。京都に来たら、殆ど毎回、鶏谷のラーメンを食べにわざわざ西院まで立ち寄るぐらいには、好き。
そんな鶏谷では、化学調味料に頼らず安心安全なラーメン作りを心がけており、あっさりからこってりまでメニューも豊富。更に、コスパ抜群のチャーシュー増しも鶏谷の名物で、どっさり入る肉の量に初めての人は驚くはず。
店舗情報を見る
10. 厳選素材で作る高級志向ラーメン「麺屋 猪一」 京都河原町
麺屋 猪一は、京都の繁華街・河原町にある、京都市屈指の大人気ラーメン店。以前の場所からの移転を機に、メニューがブラッシュアップされ、更に外観や内装も高級和食店のような雰囲気に。
和牛や削りたてのカツオ節などの厳選素材を惜しげも無く使用したラーメンで、どれも麺屋 猪一でしか味わえないものばかり。サイドメニューも豊富で、ゆっくり食事を楽しんでほしい。京都のラーメン業界では珍しく、クレジットカードや電子マネーなどの支払いができるのもありがたい。
店舗情報を見る

11. オシャレ過ぎる鴨ラーメン「Gion Duck Noodles」 祇園四条
祇園の路地裏にある大人気ラーメン店が、このGion Duck Noodles。その屋号の通り、紀州鴨を使ったラーメン・つけ麺がGion Duck Noodlesの名物で、京都市内で鴨のラーメンはまだまだ珍しい。
とてもラーメン店とは思えない高級感のある雰囲気で、ラーメンも超オシャレ。大きな丼の縁にはぶどう山椒の粉が散りばめられ、その爽やかな香りがラーメンと合う。鴨チャーシューもオススメで、2種類の部位が食べ比べできるチャーシュー増しを是非。ベリーとオレンジのソースから選べる、つけ麺も捨てがたい。
店舗情報を見る

12. 店名も看板もないけど大人気「名前のないラーメン屋」 三条
通称・名前のないラーメン屋と呼ばれているものの、本当に店名がなく、看板なども一切ないにも関わらず、大人気ラーメン店となっているのがこちら。店舗も建物の地下1Fにあり、知らなければ絶対に入ろうとは思わないような場所。
びっくりするほどオシャレな空間で味わえるのは、体に優しいラーメン・つけ麺。オススメはつけ麺で、スープは非濃厚系のため、麺の旨さが際立つ仕上がり。トッピングは1つ1つ炙ったりと仕事も丁寧で、人気があるのもわかる。他には、カレーつけ麺などもオススメ。
店舗情報を見る
13. 一乗寺No.1の超人気ラーメン店「麺屋 極鶏」 一乗寺
京都のラーメン激戦区・一乗寺でも、間違いなく1番の人気店と呼べるのが、この麺屋 極鶏。そのあまりの人気ぶりに、麺屋 極鶏では混雑時には整理券を配布したりと、見かけの行列が少なくてもすぐには食べられない場合もあるのでご注意を。
まるで鶏肉を液体にしたかの如く濃厚なスープは、その名前通り鶏を極めたような美味しさ。鶏白湯ラーメンは数あれど、麺屋 極鶏のような味は他にない。京都に来たなら、ラーメンのジャンルに留まらず、是非立ち寄りたい飲食店の1つ。
店舗情報を見る

14. 一乗寺でつけ麺ならここ「つけめん 恵那く」 一乗寺
つけめん 恵那くは、京都のラーメン激戦区・一乗寺でも数少ない、つけ麺が名物の大人気ラーメン店。もし、京都市内でオススメのつけ麺を聞かれたら、恵那くは真っ先に名前を出したくなるお店の1つ。
恵那くのつけ麺は、いわゆる魚介豚骨スープに太麺という、定番の組み合わせながら、レベルが高くて素晴らしく美味しい。特にムッチムチの麺が好みで、恵那くでは小盛から中盛まで同料金なのも嬉しいサービス。他には、カレーつけ麺や辛つけ麺もあり、個人的にはカレーつけ麺もオススメ。
店舗情報を見る

15. 一乗寺屈指の人気ラーメン店「中華そば 高安」 一乗寺
中華そば 高安は、ラーメン激戦区の一乗寺でも、個人的に大好きなラーメン店の1つ。高安のラーメンは、豚や鶏がベースで適度な濃度の白濁スープが実に美味しい。このスープとネギの相性も良く、個人的にはネギ増ししたくなる。
高安でガッツリ食べたい場合のオススメは、唐揚げセット。お好みのラーメンに、唐揚げ3個とサイズが選べるご飯がセットになっており、食べ盛りの学生でもこれなら満足できるはず。そこまでたくさん食べられない人向けにも、平日昼限定ながら、唐揚げ1個や2個だけのセットもあるのが嬉しい。
店舗情報を見る

16. とろみのある鶏白湯スープは絶品「天天有 一乗寺店」 一乗寺
天天有 一乗寺店は、ラーメン激戦区の一乗寺でも、特に長い歴史を持つラーメン店の1つ。今では珍しくない鶏白湯ラーメンを、天天有ではずっと昔から提供しており、そのパイオニアとも言える。
自慢の鶏白湯スープは、とろみがあって濃厚、昔より濃度が増したようにも思え、こってりラーメン好きにはたまらない美味しさ。途中で、卓上のニンニク唐辛子などを入れるのがオススメで、味の変化を楽しみながら食べてほしい。
店舗情報を見る

17. 学生に大人気のガッツリ系「池田屋 一乗寺店」 一乗寺
池田屋 一乗寺店は、学生を中心に若い人に大人気の、ガッツリ系ラーメン店。京都のラーメン激戦区・一乗寺に数あるラーメン店の中でも、池田屋の人気は間違いなくトップクラス。
濃厚なスープには油もたっぷりと浮かび、このスープがマジで最高に旨い。池田屋では、ガッツリ系らしく麺量も小サイズで一般的なラーメンの2倍ぐらいあり、食べ応え十分。大ぶりの豚も最高で、この豚をお土産に持って帰りたいぐらい。
店舗情報を見る

18. 人気チェーンの総本山「天下一品 総本店」 茶山
全国に展開する人気ラーメンチェーン、天下一品の総本店が、ここ京都にあり。京都のラーメン激戦区・一乗寺にも近い場所で、全国からラーメン好き・天下一品好きが集まる、ある意味で聖地的なところ。
わざわざ天下一品 総本店まで来たなら、総本店限定の牛すじキムチラーメンを是非。スープは、天下一品代名詞のこってり以外にも色々選べるが、ここはやはりこってりで。濃厚なスープが麺にまとわりついて重さを感じるほどで、中毒性抜群。更にガッツリ食べたい場合は、チャーハンや餃子とのセットがオススメ。
店舗情報を見る
19. スープがマジで旨過ぎる「拳ラーメン」 梅小路京都西
梅小路京都西駅からすぐの場所にある人気ラーメン店が、拳ラーメン。個人的にも、拳ラーメンは、京都でも随一の個性派にして、味もピカイチだと思っている。電車でもバスでも行きやすく、アクセスも便利。
メニューは色々ある中で、まずは拳ラーメン名物の「京鴨とノドグロ煮干しそば」を是非。この組み合わせは極めて珍しく、黄金色に輝くスープが超絶美味しい。そのままでも無理なく飲み干せるうえに、ラーメンのスープとしても過不足なしで最高。限定ラーメンも拳ラーメンの名物で、詳細はTwitterを要チェック。
店舗情報を見る

20. セアブラノ神グループの総本山「セアブラノ神 壬生本店」 四条大宮
四条大宮のセアブラノ神 壬生本店は、京都市内にいくつかあるセアブラノ神グループの総本山。新潟のご当地ラーメンの1つ、燕三条ラーメンをモチーフに、セアブラノ神なりにアレンジしたラーメンを提供。
背脂がスープの表面にたっぷり浮かびつつも、煮干しスープ自体はスッキリしているおかげか、変にしつこさなどは感じず、むしろサラッと食べられることに初めての人は驚くのでは。卓上の黒ばら海苔が実に良く合うので、途中で少しずつ入れてみてほしい。新潟から遠く離れた京都で、上質な背脂煮干しラーメンに出会えて感動。
店舗情報を見る

21. 泡立った濃厚豚骨ラーメン「あいつのラーメン かたぐるま 本店」 丹波口
丹波口にある、あいつのラーメン かたぐるま 本店は、個性的な豚骨ラーメンが名物の、京都市屈指の大人気ラーメン店。今は、北野白梅町にも店舗があるものの、かたぐるまの本店はこちら。
豚骨ラーメンが有名な博多などとは全く異なる、独自性の高い豚骨スープに加え、自慢の自家製麺も素晴らしい出来栄え。この麺をより楽しめる、つけ麺が個人的にオススメで、麺はスープに半分程度つけるのがちょうどいい。昼は塩味、夜は醤油味と昼夜で味が変わるのも、かたぐるまの特徴で、両方食べ比べてみてほしい。
店舗情報を見る

22. 魚介系の先駆者「京都千丸しゃかりき」 二条
京都における、魚介系つけ麺のパイオニアと呼べる名店が、京都千丸しゃかりき。しゃかりきは二条城の近くにあり、中休み無しの通し営業しているため、観光の合間にもフラッと気軽に立ち寄りやすい。
名物のつけ麺は、味が色々選べる中、まずやはり、しゃかりき名物の濃厚魚介を是非。魚介の効いた濃厚スープに太麺は、特段珍しいものではないものの、やっぱり旨い。更に濃度を増した、超濃厚魚介つけ麺も、個人的にイチオシ。
店舗情報を見る
23. 京都では希少な貝スープが絶品「麺屋 優光」 烏丸御池
烏丸御池の麺屋 優光は、大阪の超人気ラーメン店、人類みな麺類で修行した店主が開いたお店。京都ではまだ珍しい貝出汁のラーメンが、麺屋 優光の名物で、ほんのり甘みのある味わいの虜になる人が続出。
その貝スープと自家製麺の相性もバッチリで、これは人気が出るのも納得。トッピングの低温調理チャーシューも人気で、しっとりジューシーな味わいがたまらない。更に、外観や内観も明るく綺麗で気軽に入りやすく、女性のお客さんが多いのも、麺屋 優光の特徴の1つ。
店舗情報を見る

24. セアブラノ神の最新ブランド「slurp」 烏丸御池
烏丸御池のslurpは、同じ京都市内の大人気ラーメン店、セアブラノ神グループの系列店。slurpは外観も内観もとびきりオシャレで、とてもラーメン店とは思えない雰囲気。提供されるラーメンも、これまた独創的。
看板メニューはつけ麺で、高級食材として知られるイベリコ豚を、slurpでは贅沢に使用。昆布水に浸かった麺と、イベリコ豚入りスープの組み合わせは素晴らしく美味しい。やや脂身多めながら、イベリコ豚はその脂こそが旨い。黒七味やスダチを使って、味の変化を楽しみつつ、最後は雑炊風にして〆るのがオススメ。
店舗情報を見る

25. 美味しくて体に優しい「麺や高倉二条」 丸太町・烏丸御池
麺や高倉二条は、医食同源の理念のもとに、安心安全で体にいいラーメンやつけ麺を提供する人気店。烏丸御池と丸太町のちょうど中間ぐらいの場所で、麺や高倉二条へはどちらからでも徒歩で行くことが可能。
もつ・チャーシュー・和牛と3種類から選べるつけ麺が、麺や高倉二条では人気があり、初めてならもつがいいかも。濃厚ながら品のある魚介豚骨スープに、栄養価の高い全粒粉を用いており、確かに体に良さそう。プルプルのもつは、ご飯と一緒に食べても旨い。
店舗情報を見る

26. 濃厚ラーメンが名物「麺処 雁木」 今出川
麺処 雁木は、濃厚ラーメンを主軸に据える人気ラーメン店。最寄駅は一応、京都市営地下鉄の今出川駅ながら、歩くと結構な距離があるので、雁木を訪問の際は、バスを使うか自転車などがあるとベター。
メニューは多くある中で、雁木へ行くのが初めてなら、まずは「魚節醤油拉麺」を是非。魚介に加えて動物系も効いた濃厚なスープで、別に濃厚と銘打ったラーメンもあるものの、これでも十分濃厚な仕上がり。次々と繰り出される限定ラーメンも雁木の名物で、機会があれば食べてみてほしい。
店舗情報を見る
27. 京都最強の横浜家系ラーメン「紫蔵」 北野白梅町
北野白梅町の紫蔵は、京都市内で本格的な横浜家系ラーメンが味わえる、超人気ラーメン店。横浜在住の筆者からしても、紫蔵の横浜家系ラーメンは、本場・横浜の名店と比べても、なんら遜色無いレベルだと断言できる。
横浜家系ラーメンにはつきもののライスも、紫蔵では忘れずに頼んでみてほしい。行列ができているのも納得の美味しさだが、特に休日の昼間はかなりの並びもあるのでご注意を。平日の夜なら、紫蔵でも空いていることがあったので、その時間帯の訪問がオススメ。
店舗情報を見る

28. 自家製麺が絶品の淡麗ラーメン「山崎麺二郎」 円町
最近の京都で増えつつある淡麗系ラーメンでも、個人的にイチオシなのが、円町の山崎麺二郎。その屋号にある麺の文字が示すように、山崎麺二郎では自家製麺を主役にしたラーメンを提供。
山崎麺二郎のメニューは、醤油・塩ラーメンとつけ麺の合計3つとシンプル。どれも主役の麺を淡麗スープが引き立てるもので、麺好きにはたまらない美味しさ。個人的には、山崎麺二郎でのイチオシは、つけ麺。夜は早く閉まる印象があるので、その点だけご注意を。
店舗情報を見る
29. 京都随一の大人気醤油ラーメン「らぁ麺 とうひち」 北大路
京都市はもとい、関西全域で見てもトップクラスの人気を誇る淡麗ラーメンのお店が、らぁ麺 とうひち。最寄りの北大路駅からは離れており、バスか自動車などを使った方が、らぁ麺 とうひちへ行く際はベター。
そんな、らぁ麺 とうひちで味わえるのは、地鶏などを使った王道の醤油ラーメン。特段個性的ではないが、素晴らしい美味しさで人気があるのも当然と言える。ラーメンだけではちょっと物足りない人は、サイドメニューの唐揚げと一緒にガッツリどうぞ。
店舗情報を見る

30. 京都市南部でつけ麺ならここ「つけ麺 きらり」 中書島
京都市の南、中書島駅近くの人気ラーメン店が、つけ麺 きらり。その名の通り、きらりの名物はつけ麺で、京都市内のつけ麺の中でも、個人的にきらりのそれはかなり上位に入るレベル。
きらりの自慢は自家製麺で、濃厚スープに負けない存在感があり、ムッチムチの食感がたまらない美味しさ。この麺が大盛り無料なのも非常にありがたく、きらりにせっかく来たなら、是非大盛りで。接客なども丁寧で、味以外も好印象。ただし、営業時間が短く定休日も週2日で、訪問のハードルはやや高め。
店舗情報を見る
最新のラーメン特集記事



Back