なるめんの辛いらぁめんチャーシュー増し
6000杯食べたマニアがオススメ!大岡山で絶対行くべき人気ラーメン8選
公開日:2021.10.27
更新日:2021.10.27

6000杯以上のラーメンを食べてきた筆者が、東京都大田区の大岡山駅周辺のオススメラーメンを厳選してご紹介。大岡山近辺にはそんなにラーメン店の数が多いわけではないが、東京工業大学の学生に愛されているところなど、根強い人気を誇るラーメン店が結構ある印象。大岡山周辺のラーメン情報なら、VACANラーメン特集を見れば間違いない。(お店の前の番号は、オススメ順の意味ではありません)


1. 東工大生に大人気のガッツリラーメン「らーめん凌駕」
東京工業大学大岡山キャンパスのすぐ横にあるガッツリ系の人気ラーメン店が、らーめん凌駕。看板には「腹が減ったらウチに来い!」と大きく書いてあり、らーめん凌駕にはその言葉通りに、学生を中心に多くの腹ペコが集う。
食べ応えのある太麺に、増しにしなくても十分な量の野菜が入ったラーメンは、特に食べ盛りの男子学生にはありがたいはず。ガッツリ系ラーメンに欠かせないニンニクが見当たらないが、らーめん凌駕ではお店の人に伝えれば出してくれるそうなので、ニンニク希望者は是非。分厚い豚も、らーめん凌駕の名物で、温めてから盛り付けてくれるなど、細かい部分も好印象。
らーめん凌駕
〒145-0062 東京都大田区北千束3-29-11
店舗情報を見る

2. 独自の辛旨手打ちラーメンを是非「なるめん」
個人的に、今回紹介する大岡山のラーメン店で1番好きなのが、なるめん。何やら変わった屋号だが、なるめんは川崎市元住吉にて別の屋号で創業、その後に横浜に移転、更にそこから大岡山に移転し、今の屋号と場所で落ち着いたような。
なるめんのメニューはいくつかある中で、是非食べてもらいたいのが、手打ち麺を使った辛いラーメン。なるめんにあるラーメンの中でも、手打ち麺を使うのはこれだけ。手打ち麺ならでの不規則な食感でコシが強く、なかなかのインパクト。魚介の風味を感じる濃厚スープと手打ち麺の相性も抜群。辛いラーメンと言いつつも、なるめんのそれはピリ辛程度なので、辛さが余程苦手じゃなければ大丈夫なはず。限定ラーメンも時折やっており、詳細はなるめんのTwitterを要チェック。
なるめん
〒145-0062 東京都大田区北千束3-16-10
店舗情報を見る

3. 福岡の名店が東京進出「長浜ナンバーワン 東京大岡山店」
長浜ナンバーワン 東京大岡山店は、福岡市にいくつか店舗を構える有名ラーメン店の、記念すべき東京進出店。個人的にも、長浜ナンバーワンのラーメンは福岡市でも食べて好印象だったので、それが東京に進出してくれて嬉しい。
福岡市あると聞いて多くの人が想像するように、長浜ナンバーワン 東京大岡山店で味わえるのは豚骨ラーメン。ほんのりとろみのある濃厚な豚骨スープで、それでいて臭みや油っぽさはなくて食べやすい。トッピングの青ネギが、このスープと相性良くてツボ。長浜ナンバーワン 東京大岡山店では、豚骨ラーメン以外にチャーハンや餃子などもあり、時間があればゆっくり過ごすのも楽しいかも。
長浜ナンバーワン 東京大岡山店
〒145-0062 東京都大田区北千束1-44-5 甲菱社ビル 1F
店舗情報を見る

4. 塩ラーメンの有名店が大岡山にも「ひるがお 大岡山店」
ひるがお 大岡山店は、上で紹介した長浜ナンバーワン 東京大岡山店のすぐ近くにある、せたが屋グループのお店。本店は駒沢にあるが、最近では東京駅や人形町など、ひるがおもあちこちに店舗を増やしているよう。
ひるがお 大岡山店の名物は塩ラーメンで、多くの人がイメージしがちなあっさりした塩ラーメンとは違い、海産物の旨味がしっかり効いた食べ応えある味で、個人的にはかなり好み。このスープに合わせる、こだわりの自社製麺も旨い。この麺をよりしっかり堪能するなら、塩つけ麺もオススメ。サイドメニューの親子丼も人気で、ラーメンだけじゃ少し物足りない人は是非。
ひるがお 大岡山店
〒145-0062 東京都大田区北千束1-44-4
店舗情報を見る

5. 大岡山で長く愛される煮干し「むらもと」
むらもとは、大岡山駅から近い場所にある、この界隈でも割と歴史のある老舗ラーメン店。今時のラーメン店とは違い、年季の入った外観や内観に加え、店内には雑誌や漫画が大量に置かれており、その辺りも歴史を感じさせる。
多彩なメニューでお客さんを飽きさせないよう工夫するラーメン店も多い中、むらもとでは煮干し味のラーメンとつけ麺のみ。適度に煮干しが効いたスープは、煮干しのエグみなどなくて食べやすく、このラーメンなら誰にでも好かれそう。デフォルトでも麺量は多めで、少食の人向けに少なめの配慮もあるのがありがたいところ。生卵を溶いて、すき焼き風にして食べるのがオススメなので、是非お試しを。
むらもと
〒145-0062 東京都大田区北千束3-31-6
店舗情報を見る

6. 家系っぽいけど実は違う「しま坂」
大岡山駅から少し北に歩いた場所にあるラーメン店が、しま坂。既に20年程の歴史があるそうで、大岡山のラーメン店でも古株的存在。遠くから来るマニアよりも、しま坂のお客さんの殆どは大岡山近隣の地元民のよう。
しま坂のメニューは割と豊富にある中、オススメの1つが「家風スペシャル」と銘打ったラーメン。見た目は横浜家系ラーメンのようだが、実際に食べてみると味は別物で、魚介の効いた濃厚スープが旨い。このスープに合わせるためか、しま坂では太めの麺を合わせており、この組み合わせは最高。この「家風スペシャル」に関しては、小ライスが無料サービスなのも嬉しい。
しま坂
〒145-0062 東京都大田区北千束1-59-8
店舗情報を見る

7. 大人気の台湾まぜそば「麺屋こころ 大岡山本店」
麺屋こころ 大岡山本店は、かつて大ブームを巻き起こした台湾まぜそばをメインメニューに据える人気店。大岡山駅から東京工業大学のキャンパス沿いに歩いた場所柄か、麺屋こころ 大岡山本店に来るお客さんは若い男性が多い。
ピリ辛の台湾ミンチにネギやニラなどが入ったパンチある味わいが、麺屋こころ 大岡山本店の台湾まぜそばの特徴で、これは確かに学生ウケすること間違いなし。ニンニクの有無を選べるが、個人的に台湾まぜそばでニンニクはマスト。麺を食べ終わるとタレや具材が残るので、そこに追い飯といって少量のご飯を無料で入れてくれるので、よく混ぜて全てしっかり味わい尽くすべし。
麺屋こころ 大岡山本店
〒145-0063 東京都大田区南千束3-6-9
店舗情報を見る

8. サッパリしつつもボリュームある「麺屋 婆娑羅」
麺屋 婆娑羅は、最初に紹介した凌駕と並び、大岡山でガッツリ系ラーメンならこの2つと、双璧を成す人気ラーメン店。距離的にも、麺屋 婆娑羅と凌駕は同じ通りにあって、非常に近い。
麺屋 婆娑羅のガッツリ系ラーメンは、スープ自体はかなりサッパリしたもので、油増しするなら券売機にある無料の該当ボタンを押す仕組み。野菜や麺はデフォルトでも十分な量があり、有料の野菜増しをしなくても十分なレベル。ニンニクは卓上にあるので、お好みで。麺屋 婆娑羅では、トッピングで基本の豚以外に油淋鶏や角煮などがあるのが面白く、気になったなら是非食べに行ってみてほしい。
麺屋 婆娑羅
〒145-0062 東京都大田区北千束3-23-8
店舗情報を見る
最新のラーメン特集記事



Back