死ぬ前にもう一度食べたいつけ麺
くり山

くり山の味玉つけチャーシュー

横浜市白楽のくり山は、つけ麺の元祖として名高い有名ラーメン店、東池袋大勝軒などで修行した店主が営む、日本トップクラスと断言したいつけ麺の名店。個人的には、死ぬ間際の最後に食べたいものを聞かれたら、くり山のつけ麺と答えたいぐらい好き。

くり山のつけ麺は魚介豚骨系で、それ自体は特段珍しくないものの、スープも自家製麺もチャーシューも、とにかく美味しすぎる。間違いなく人生で1番食べているつけ麺が、このくり山で、さっき食べたばかりなのにもうまた食べたくなる、それぐらい完成度が高いつけ麺で、多くのお客さんで賑わうのも当然と言える美味しさ。

〆の魚介の風味豊かなスープ割りも、くり山の名物で、これも必ず頼んでほしい。個人的には、水筒に入れて持ち歩きたいぐらい、くり山のスープ割りが大好き。そして、魚介の効いた濃厚スープで作る、くり山独自の中華そばも捨てがたい。

基本情報
電話番号 045-421-0537
住所 〒221-0802 神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-17-29
アクセス 東急東横線 白楽駅から徒歩5分程度
営業時間 11:00〜16:00
定休日 火曜日
予算 〜¥1,000
支払い方法 現金のみ
設備 12席(カウンター8席、テーブル4席) 禁煙 駐車場なし
通販 https://kuriyamahrk.base.shop/launch
備考 お土産つけ麺の販売あり、詳細はTwitter参照
メディア情報
SNS


Back
くり山
くり山
くり山
くり山
くり山
くり山
くり山
くり山
くり山
くり山